- BLOG -ブログ

どの時期にインプラントを入れるべきか?

愛知県名古屋市中区栄 松坂屋隣、高山歯科室、歯周病専門医、インプラント専門医の高山です。

一番望ましいのは歯を失ってすぐが望ましいです。この場合の条件としては咬合(かみ合わせに問題が無い)、全身状態歯周病の問題が無いなどが条件です。

抜歯即時は文字通り抜歯とインプラント埋入を同時に行いますが、この場合も前述の条件は必須であり、歯根尖部に病変が存在しない事と、抜歯する歯の歯肉に問題が無いことが条件です。

骨が無く骨造成を行う場合は骨造成手術後最短で4ヶ月後のインプラント埋入になります。骨造成量が少ない場合は骨造成と同時にインプラントを埋入が可能です。

インプラントを支える骨がほとんど存在しない場合は骨造成を行い4ヶ月から6ヶ月程度、待ったほうが良いと考えます。

インプラント周辺の骨状態、咬合に問題の無い場合は即時荷重つまりインプラント埋入と同時に暫間的な上部構造を装着して咬合などの機能を取り戻せます、その後正確な印象、咬合採得を行い最終補綴(上部構造)を装着します。

インプラント治療は全身状態が良好な状態で行えば経過はさらに良好です。治療後は必ずメインテナンスを受けて骨状態や粘膜状態の上部構造のチェックと清掃状態のチェック歯科医院レベルででの清掃を行ってください。

インプラント治療をお考えの方は、名古屋市中区栄の高山歯科室にご相談ください。