- BLOG -ブログ

歯を守るために(歯周病2)

歯周病治療で重要になるのが、歯周病原菌の減少と宿主(患者さん)の免疫と内科疾患です。しかしながら、歯のぐらつき(歯の動揺)や、歯の欠損が増えたときに咬合支持(残った歯にかかる咬合力)や、正しい顎運動が失われてしまっていては、歯周病の進行を止めることはできません。
そのため、口腔インプラントによって咬合力の分散や、正しい顎運動をリハビリして残った歯牙を保存します。
このことは、歯周病学会、インプラント学会においてもインプラントの発表が増えていることで裏付けられます。入れ歯や、ブリッジでは充分咬合支持を得ることが難しいともいえます。

歯周病とインプラント