- BLOG -ブログ

歯周病治療大きく変わる 広汎型(多数歯)か限局型(少数歯)か

こんにちは。 名古屋市中区栄にある高山歯科室 院長の高山です。

歯周病が中程度以上進行した方は広汎型(多数歯)か限局型かによって治療と予後は大きく変わります。

歯周病が中程度以上と言っても、時々歯肉の調子が悪い程度で患者は余り自覚を持っていません。

中程度以上であればご自身の清掃では進行を抑えることができず、歯が動揺(ぐらぐらしていても)気づくことがありません。

歯周病で広汎型中程度以上であれば、さらに咬合支持を失い、歯周病原菌と咬合性外傷によって急速にしんこうしてしまいます。

咬合の改善と咬合支持の獲得、歯周組織の改善(再生治療)をおこなわないと安定しません。

より、複雑で治療期間が長期にわたります。そのため患者さんは現状を理解していただき事が重要になります。